宇都宮市上戸祭町の隠れ家的リラクゼーションサロン

リラクゼーションルームくつろぎ

妊活サポート

~不妊症の原因にもなる子宮筋腫と妊娠の関係について~

投稿日:

皆様、こんにちはー!!

栃木県宇都宮市上戸祭町

子宝整体

妊活・不妊サポート

Relaxation room くつろぎの栗田です♪♪

 

皆さんは「子宮筋腫」についてどれくらいご存知ですか!?

インターネットで調べてみるとたくさんの情報が溢れていて、

不安になったり、余計に悩みを抱え込んでしまう方も多いのではないでしょうか...??

婦人科系の疾患の中で、1番多く、女性の30代~40代の20~30%の割合を占めるそうです。

 

病院で「子宮筋腫」と診断をされて、子宮筋腫があるので、子宮内のスペースが少し狭くなる分、

妊娠しにくいかもしれません。。。などとドクターに言われたら、それこそ不安だし、

妊娠できないかも。。。という事がストレスになりますよね(>_<)

 

子宮筋腫を手術で取ってしまう方もいれば、手術をせずに経過を観察している方、

逆に子宮筋腫が小さくなった方もいらっしゃいます。。。

様々な場合がありますが、その違いは何だと思いますか!?

もし、手術しないでも筋腫が小さくなる方法、少しでも可能性があるのなら、

取り組んでいく価値がありますよね(*^▽^*)ノノ

 

まずは、

子宮筋腫とはーーー子宮に出来る良性の腫瘍の事です。

良性ですので、命に関わる重大な病気ではありませんが、大きくなったり

そのまま放置してしまうと、子宮を全摘せざるおえない。。。なんて事にも

繋がります。お母さんが筋腫だと、娘さんにも筋腫が出来やすい。また、

姉妹で筋腫が出来るなど、体質的に筋腫が出来やすい家系もあるようです。

若いころから、筋腫の芽が存在しており、時を経て成熟しエストロゲンの分泌が盛んになると

筋腫が大きくなっていきます。

女性の3~4人に一人は、子宮に筋腫があると言われています。

中には、悪性の筋腫もあります。

これらの事から、婦人科での検診などで定期的に観てもらうと良いですね。

 

次に、子宮筋腫の状態や種類などについてです。

子宮は、内側の部分から粘膜層(内側)、筋層(真ん中)、漿膜(外側)というように

分かれていて、筋腫の出来る部分によっても症状も変わってきます。

●粘膜下筋腫●

子宮の内側(子宮内膜)に向かって大きく発育する。筋腫の中で最も不妊の原因になりやすいです。

受精卵が子宮内膜に着床するのを邪魔するなどの心配も。。。

症状としては、筋腫が小さい場合でも不正出血や月経過多などがあります。

●筋層内筋腫●

筋層内で発育する。筋腫の中で、最も多いパターン。

子宮の筋肉が大きくなっているので、触れると下腹部にシコリを感じることもあります。

1つではなく、2~3個など筋腫が出来ることもあり、大きなシコリを感じます。

症状としては、生理痛や月経過多があり、大きく発育しても、日常生活では違和感なく過ごせたりもします。

●漿膜下筋腫●

子宮の外側に向かって発育する。大きくなっても、子宮の外側に出来るので、触れても分かりにくく

症状も出にくいので、気が付きにくい。自覚症状もないのが特徴です。

 

この他にも、月経困難症や便秘、頻尿などの症状もあります。

また、子宮筋腫の大きさは、小さいものは豆粒くらいのものから8~10㎝を超えるものまであり、

平均すると7~8㎝のものが多いです。

 

では、何故、子宮筋腫が出来てしまうのか・・・??

一般的には、女性ホルモンの一種である“エストロゲン”が原因だと言われています。

先ほども少し述べましたが、エストロゲンの分泌が少ない子どもの頃は筋腫が出来ず、仮に

筋腫が出来ていたとしても閉経後のエストロゲンの分泌が減る頃になると、筋腫が小さくなることも

あるからです。

そして、病院での一般的な治療方法は・・・?

・女性ホルモンを抑え込む薬を飲む

・筋腫を摘出する

・子宮を全摘する

などの方法が多いです。

しかしながら、筋腫が出来ているからと言って、

薬で解決したり、手術したり、不安も付きまといますよね...??

「子宮」は女性にとっては大切な体の一部です。だからこそ、軽視したり、他人事だとは

思いたくありません(≧ω≦)ノノ

「妊娠したい!!」のに、薬を飲んで、ホルモンバランスが崩れないのか心配だし、

年齢の事もあるし、今すぐ赤ちゃんが欲しいと思っている方にとって何か他に方法は

無いのかと、必死になって色々と調べたりします。

 

ですので、ここでご紹介出来ることを伝えていきたいと思います!!

 

―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―

●○●子宮筋腫を改善に導くための3つのポイント!!●○●

①油を変えて、炎症を抑える

②内臓の機能を高める

③ストレスを溜めないようにする

―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―

①油を変えて、炎症を抑える

これは、妊活サポートの記事を読まれている方は分かると思いますがよく出てくる言葉です。

良い油を摂ることで、細胞膜が柔らかくなり、子宮内膜症や子宮筋腫の原因となる炎症反応を

抑制してくれます。

オススメなのが亜麻仁油です!!

※油についての詳細は妊活サポートにあるブログの記事をお読みいただければと思います。

 

②内臓の機能を高める

冷えや便秘などを改善していく。また、炎症は免疫とも関係があるので、体の免疫力をしっかりと

高めていく必要があります。具体的に内臓の機能を高めていく方法は、

“妊活プログラム”の活用もオススメですね~(^^)V

排泄出来る体作り(体に不要なものを排泄出来るようにする)→栄養の吸収機能を高める→免疫力を高める

→生殖機能を上げる→成長

っといったように、内臓の機能を段階的に高めていく方法です。

この他にも、食事の際には食べ過ぎないように、良く噛んで食べる、1日2食にして内臓を少し休ませる、

水分をこまめに摂る、体内の巡りを良くするなど意識してみると良いですね☆★

 

③ストレスを溜めないようにする

ここが1番重要です!!

感情を抑制したりストレスを抱えてしてしまうと、交感神経が優位になり、内臓や子宮、卵巣への

血流が悪くなるので冷えにも繋がります。そして、我慢していると余計に手や足などの末端の冷えにも

繋がります。交感神経が優位になるということは、この他にも炎症反応が出たり、免疫が低下し、

筋腫が増殖する可能性もあるということです。

なるべく、リラックスすることを心がける♪頭で考えたこと、思ったことを素直に受け入れて行動してみる。

我慢しないで、ありのままの自分を出して下さい。

ストレスを上手くコントロールすることが出来るようになれば、リラックスした状態の副交感神経との

切り替えがスムーズに行えるので、子宮、卵巣などや全身への血流が良くなります。

 

このように出来ることはたくさんありますし、少しでも改善したいと思ったら

毎日の生活の中で出来ることから意識を高めて取り組んで下さい。

初めは不安かもしれませんが、一人で抱え込まずに、私たちに相談してみてください♪♪

勿論、体質によって個人差もありますし、再発のリスクもありますが、

体の質を高めていくことによって、少しずつ体で感じたり、目に見えて分かることも

あります。

諦めないで、自分の体のために、妊娠しやすい体質になるために、

一緒に取り組んでいきましょう(*^ー^*)!!!

心と体を癒す

完全プライベートな隠れ家サロン☆★

リラクゼーションルーム くつろぎ

〒320ー0051

栃木県宇都宮市上戸祭町3003ー29

ユートピー102号室

TEL:070ー4415ー8564

くつろぎMAIL→kutsurogigroup@gmai.com

くつろぎHP→http://kutsurogi-group.com/

 

 

-妊活サポート

Copyright© リラクゼーションルームくつろぎ , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.